納豆でイソフラボンを摂取

納豆は身近な大豆製品のひとつで、イソフラボンが豊富に含まれています。
納豆には、ビタミンK2や食物繊維などのイソフラボンと相性の良い栄養素が含まれており、イソフラボンの摂取に理想的な食品です。

納豆はイソフラボンを豊富に含む

納豆は、大豆を納豆菌によって発酵させた発酵食品です。
イソフラボンは大豆に含まれるポリフェノールであり、納豆にはイソフラボンが豊富に含まれています。

納豆に含まれているイソフラボンは、1パック(45g)あたり約36mgです。
食品のリスク評価を行っている食品安全委員会は、大豆イソフラボンの安全な摂取量の目安を1日あたり70-75mgとしています。大豆製品メーカーの多くは、この上限値に近い量のイソフラボンを摂取するよう推奨しています。
納豆を2パック食べれば、72mgという十分な量のイソフラボンを摂取できます。

イソフラボンの摂取目安量について詳しくはこちら>>

イソフラボンと相性の良い栄養素が含まれている

納豆には、イソフラボン以外にも身体に役立つ栄養素が豊富に含まれています。
その中には、イソフラボンと非常に相性の良い栄養素があります。

ビタミンK2

ビタミンK2は脂溶性ビタミンの一種で、骨を丈夫にする効果のある成分です。
ビタミンK2には、骨にカルシウムを沈着させる働きのあるオステオカルシンというタンパク質を活性化させる作用があります。加齢によって骨がもろくなる症状に骨粗しょう症があり、ビタミンK2は骨粗しょう症の治療薬としても利用されています。

イソフラボンにも骨密度を高める作用があることが、多くの研究で確認されています。
イソフラボンとビタミンK2を一緒に摂取すると、骨を丈夫にする効果がより一層高まります。両者を一緒に摂取できる納豆は、骨粗しょう症の予防・改善にとても効果的な食品です。

関連記事:イソフラボンとビタミンK2の相乗効果

食物繊維

納豆には、食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は腸内の善玉菌の食料になるため、腸内環境の改善にとても効果的です。

イソフラボンは、腸内細菌の働きによって体内に吸収されます。大豆に含まれているイソフラボンには糖が付属しており、糖が腸内細菌によって分解されないと体内に吸収されません。
食物繊維によって腸内環境が改善されると、イソフラボンの代謝が活発になり、より効率的にイソフラボンが体内に吸収されます。

イソフラボンと食物繊維を一緒に摂取できる納豆は、イソフラボンの有効利用に適した理想的な食品です。

関連記事:イソフラボンと食物繊維の併用効果

タンパク質

納豆にはタンパク質が豊富に含まれています。タンパク質は皮膚や髪の材料となる成分であり、イソフラボンと一緒に摂取すると美肌効果や美髪効果が高まります。

関連記事:イソフラボンとタンパク質を一緒に摂取

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは、納豆菌がつくりだすタンパク質分解酵素のひとつです。
ナットウキナーゼには血栓を抑制する働きがあり、血液をサラサラにします。
イソフラボンにも高い血行促進効果があり、一緒に摂取すると血行促進効果がより一層高まります。
高い血行促進効果のある納豆は、高血圧や動脈硬化の予防、冷え性の改善などに効果的な食品です。

関連記事:高い血行促進効果のあるイソフラボン

以上のように、納豆にはイソフラボンと相性の良い成分が含まれています。
納豆は、イソフラボンの効果を効率的に得られる理想的な食品です。

なお、このほかにも納豆には、ビタミンB群を中心としたビタミンや、カリウム・カルシウム・鉄・亜鉛・マグネシウムといったミネラルなど、身体に役立つ栄養素が豊富に含まれています。

納豆の健康・美容効果

豊富な栄養素を含む納豆には、多くの健康・美容効果があります。
納豆の代表的な効果としては、以下のようなものが挙げられます。

・骨を丈夫にする
・生活習慣病の予防
・血行促進
・腸内環境の改善
・免疫力の向上
・美肌効果
・美髪効果
・ダイエット効果
・アンチエイジング効果

血栓症の治療中は摂取を控える

多くの効果のある納豆ですが、血栓症の治療で薬を服用している際には摂取を控える必要があります。

血栓症は血管が詰まってしまう病気で、血栓を溶かす薬が治療に使用されます。納豆に含まれるビタミンK2は血液の凝固に関わる成分であり、血栓症の治療薬の効果を低下させる恐れがあります。

血栓症の治療で薬を服用する場合は、納豆の摂取について医師に相談して、必ずその指示に従うようにしてください。

納豆を毎日の習慣に

納豆にはイソフラボンが豊富に含まれており、イソフラボンと相性の良い成分も数多く含まれています。納豆は、イソフラボンの摂取に理想的な食品です。
イソフラボンは、長期間継続して摂取することで高い効果を発揮します。健康と美容のために、納豆を毎日の生活に取り入れてみることをおすすめします。

Isoflavones Itemsおすすめ一覧(イソフラボン)

  • イチオシ!基本のサプリの公式ページ
  • イソラコン葉酸400μgプラスの公式ページ
  • イソラコンの公式ページ
  • ダイエットシェイクの公式ページ
  • エッセンスドボーテの公式ページ

Pueraria Itemsおすすめ一覧(プエラリア)

  • イチオシ!ハイスピードプエラリア100プラスの公式ページ
  • ベルタプエラリアの公式ページ
  • グラマーEpisodeサプリの公式ページ

Otherその他の記事