イソフラボンの効果が出ないときはどうすればいい?

イソフラボンの効果の現れ方は人によって異なり、イソフラボンを摂取しても効果を実感できない人がいます。
イソフラボンには基本的に即効性がなく、効果を実感するためには長期間継続して摂取することが大切です。また、イソフラボンには複数の種類があり、より吸収率や効果の高い種類に変更するのもひとつの手です。さらに、腸内環境を整えることでイソフラボンの効果が発揮されやすくなります。

イソフラボンの効果を得るには継続することが大切

イソフラボンサプリを摂取しても効果が実感できず、摂取を止めようと思っている人がいるかもしれません。しかし、短期間で摂取を止めてしまうのは避けるべきです。

イソフラボンは健康食品であり、長期間摂取を継続することで効果が十分に発揮されます。
イソフラボンの効果は多くの実験で確認されていますが、そうした実験でも数ヶ月程度の摂取期間が設定されている場合がほとんどです。

短期間で効果を実感できないからといって止めてしまわずに、イソフラボンの摂取を継続することをおすすめします。

関連記事:イソフラボンに即効性はある?

アグリコン型のサプリに切り替えてみる

イソフラボンを大豆製品から摂取していて効果を実感できない場合は、「アグリコン型イソフラボン」が配合されているサプリに切り替えてみるのもひとつの手です。

・アグリコン型は吸収率が高い
イソフラボンには、吸収率の高いアグリコン型と、吸収率の低いグリコシド型の2種類があります。
グリコシド型は分子量が大きく、腸内細菌によって代謝されないと体内に吸収されません。そのため、吸収率が2割程度と低めです。
それに対してアグリコン型は、分子量が小さいため体内に素早く吸収されます。

アグリコン型イソフラボンについて詳しくはこちら>>

グリコシド型イソフラボンについて詳しくはこちら>>

・大豆製品には主にグリコシド型が含まれている
豆腐・納豆・豆乳などの大豆製品に含まれているイソフラボンは、ほとんどがグリコシド型です。グリコシド型は、アグリコン型に比べると効果が発揮されにくいタイプです。
味噌や醤油にはアグリコン型イソフラボンが多く含まれていますが、それらは塩分が高く、イソフラボンのために摂取するのは現実的ではありません。

・アグリコン型配合のイソフラボンサプリがおすすめ
イソフラボンサプリの中には、アグリコン型が配合されている製品があります。
アグリコン型は体内に吸収されやすく、より効率的にイソフラボンの効果が得られます。
大豆製品の摂取でイソフラボンの効果が実感できない場合は、アグリコン型イソフラボン配合のサプリを試してみることをおすすめします。

アグリコン型イソフラボン配合のサプリについて詳しくはこちら>>

エクオール配合のサプリを試してみる

イソフラボンサプリを利用していて効果が実感できない場合は、エクオール配合のサプリを試してみましょう。

・エクオールは「スーパーイソフラボン」
エクオールは、イソフラボンの一種ダイゼインが特定の腸内細菌によって代謝されることで産生される物質です。エクオールには高い効果があり、「スーパーイソフラボン」とも呼ばれます。
エクオールには高い効果がありますが、すべての人が体内でエクオールをつくれるわけではありません。腸内細菌の働きが弱く、エクオールをつくれない人も多くいます。

エクオールについて詳しくはこちら>>

・エクオール配合のサプリを利用する
エクオールを配合したサプリを利用すれば、エクオールを体内でつくれない人でもその高い効果を得ることができます。
イソフラボンサプリを利用していて効果を実感できない人は、エクオール配合のサプリを試してみることをおすすめします。

腸内環境を整えてイソフラボンの効果を高める

イソフラボンの効果を効率的に得るためには、腸内環境を整えることが重要です。

・イソフラボンの効果を高めるには腸内環境が重要
大豆製品に含まれているグリコシド型イソフラボンは、腸内細菌の働きによって体内に吸収されます。また、エクオールをつくるのも腸内細菌です。
腸内環境が改善されると、グリコシド型の吸収率やエクオールの産生量が向上するため、より高い効果が期待できます。

エクオールをつくれない人がエクオールの効果を得たい場合は、エクオールの配合のサプリを利用するしかありません。しかし、そうした人でも腸内環境を整えることで、大豆製品に含まれているグリコシド型イソフラボンの吸収率を向上させることができます。

・腸内環境を整える工夫をしてみる
腸内環境を改善する成分として、食物繊維や乳酸菌が知られています。それらをイソフラボンとあわせて摂取するのもおすすめです。食物繊維と一緒にイソフラボンを摂取させたところ、エクオールの産生量が増加したという動物実験の報告もあります。
また、十分な睡眠や適度な運動も、腸内環境の改善に効果的です。

以上のように、イソフラボンの効果を効率的に得るためのいくつかの方法があります。
イソフラボンの効果が実感できない場合は、今回ご紹介した方法を試してみることをおすすめします。

Isoflavones Itemsおすすめ一覧(イソフラボン)

  • イチオシ!基本のサプリの公式ページ
  • イソラコン葉酸400μgプラスの公式ページ
  • イソラコンの公式ページ
  • ダイエットシェイクの公式ページ
  • エッセンスドボーテの公式ページ

Pueraria Itemsおすすめ一覧(プエラリア)

  • イチオシ!ハイスピードプエラリア100プラスの公式ページ
  • ベルタプエラリアの公式ページ
  • グラマーEpisodeサプリの公式ページ

Otherその他の記事