エストロゲンに似た働き

肌からも浸透するの?
過剰摂取はどうなる?
ヒゲを抑制できるの?
髪が生えるようになる?
バストアップできる?
イソフラボンは太るの?
男性を女性化させる?

イソフラボンで髪が生えるようになるの?

イソフラボンには、美容効果、がん予防、更年期障害の症状の緩和、骨粗鬆症予防などに効果的だと言われています。
これらの効果が判明して、更年期障害の症状緩和のためにイソフラボンが含まれた薬なども使用されています。
イソフラボンはなぜこれだけ広い分野において活躍してくれる、栄養素だと言えるのでしょうか。

それは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれるからだと言われています。
女性ホルモンは、女性にとって体のバランスを整えるためにはとても大事な成分になります。
特に女性ホルモンは、年齢によって減少していってしまう成分になります。
なので女性は、更年期障害という症状を引き起こしてしまいます。

それでは男性には、効果がないというわけではありません。
男性にとっては、女性ホルモンを摂取することで、男性ホルモンの過剰な分泌を抑えることができます。
なので女性ホルモンに似ているイソフラボンで体のホルモンバランスを中和することができるのです。

これがどのような影響を与えるかというと、一番は、髪が生えやすくなってくるということです。
なぜなら男性ホルモンは分泌が過剰になることで、多くの油分を排出します。
これは頭皮がべたついてしまうなどといった症状も出ます。

これによって、毛穴が詰まってしまったり、抜け毛が多くなってきてしまいます。
男性ホルモンを抑えることができれば、抜け毛などのの症状が治まってきます。
また女性ホルモンには髪を成長させる指示を出す機能もあるので、より効果だといえます。

さらにより効果を高めるためには、イソフラボンと同時にカプサイシンをとるとより効果がえられるという研究結果が出ています。
唐辛子などに含まれているので、スパイスの一つに使われるといいですね。
イソフラボンもカプサイシンも取り過ぎ過ぎると、体に悪影響を与えてしまうので、イソフラボンの摂取目安量に気をつけて摂取しましょう。
イソフラボンの作用男性編・女性編がありますのでご覧ください。