エストロゲンに似た働き

肌からも浸透するの?
過剰摂取はどうなる?
ヒゲを抑制できるの?
髪が生えるようになる?
バストアップできる?
イソフラボンは太るの?
男性を女性化させる?

イソフラボンは太るの?

これらの効果がなぜあるのかと言えば、イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンという働きがあるからだと言われています。
女性ホルモンが減ってしまうと、お肌が乾燥したり、しわが増えたりなどの影響が出ます。
これよって見た目の年齢も老けて見えてしまうことが多いです。

女性の場合一番女性ホルモンが発達して、分泌している時期は、思春期の頃になります。
青春時代のころと同じ体重になっても、今よりも青春時代のころの方が太って見えませんか?
それは体重が太っているとかではなく、女性ホルモンに似た働きにより、イソフラボンが丸みを帯びた女性らしい体を作り上げようとするからです。
なので良く顔がパンパンだったり、なんとなく肉付きがいいなと思うような体型になっている人が多いです。
それだけ女性ホルモンが与える影響はとても大きいといます。

しかもイソフラボンに含まれる女性ホルモンのエストロゲンに似た成分は、逆にダイエットの効果があると言われています。
エストロゲンは、食べ物などで摂取した脂肪を体に定着して蓄積しにくくする働きがあります。
なのでエストロゲンが正常に分泌されていれば太ることはありません。

このエストロゲンの減少は、ストレスや疲労な度が原因で起きてしまうので、簡単に太りやすくもなってしまいます。
なので意識的にイソフラボンを取り入れて、太るどころか逆にダイエットの効果を期待してもいいといえます。
ダイエット効果のために過剰に摂取するのは避け、毎日必要な摂取量を毎日必ず取り続けることが大事になります。
イソフラボンにはダイエットとともに美容の効果も含まれているので、体やお肌への効果がとても期待できます。