豆腐で美味しくイソフラボンを摂取

豆腐は、日本人とって身近な食品です。豆腐は大豆からつくられており、大豆イソフラボンが豊富に含まれています。
豆腐には、イソフラボンと相性の良い成分が豊富に含まれています。豆腐は、毎日継続的に摂取したい優れた食品です。

豆腐にはイソフラボンが豊富に含まれている

イソフラボンは大豆に含まれるポリフェノールです。大豆を原料とする豆腐には、イソフラボンが豊富に含まれています。

・豆腐1丁で1日分のイソフラボンが摂取できる
豆腐1丁(約300g)には、約80mgのイソフラボンが含まれています。
豆腐の種類によって少し差があり、木綿豆腐1丁の含有量は約84mg、絹ごし豆腐は約76mgです。

イソフラボンの安全な摂取目安量の上限値は70-75mgとされており、大豆製品メーカーの多くはその数値に近い量の摂取を推奨しています。
豆腐にはイソフラボンが豊富に含まれており、1丁弱で十分な量を摂取できます。

・豆腐に含まれているのは主にグリコシド型イソフラボン
豆腐に含まれているイソフラボンは、主にグリコシド型です。

イソフラボンにはアグリコン型とグリコシド型があり、グリコシド型はアグリコン型に糖が付属した状態のものです。グリコシド型は分子量が大きく、腸内細菌によって代謝されないと体内に吸収されません。そのため、腸内環境が悪化していると吸収率が低下します。

豆腐に含まれているイソフラボンを効率的に利用したい場合は、腸内環境に気を配りましょう。腸内環境に良い食物繊維や乳酸菌などと一緒に摂取するのもおすすめです。

グリコシド型イソフラボンについて詳しくはこちら>>

豆腐にはイソフラボンと相性の良い成分が含まれている

豆腐には、イソフラボンと相性の良い成分が豊富に含まれています。
豆腐は、イソフラボンの効果を効率的に得られる優れた食品です。

・タンパク質
豆腐は、「畑の肉」と呼ばれる大豆でできており、多くのタンパク質を含んでいます。タンパク質は身体を構成する主成分であり、肌や髪の健康にも欠かせません。
タンパク質とイソフラボンを一緒に摂取すると、イソフラボンの健康効果と美容効果が高まります。両者を一緒に摂取できる豆腐は、イソフラボンの効果を効率的に得られる優れた食品です。

関連記事:イソフラボンとタンパク質を一緒に摂取

・大豆サポニン
サポニンは、苦味のもとになる植物成分です。大豆に含まれているサポニンには、血液中のコレステロールを減少させる作用があります。
イソフラボンにもコレステロールを抑制する作用があり、大豆サポニンと一緒に摂取すると効果がより一層高まります。

関連記事:コレステロールの抑制に役立つイソフラボン

・ミネラル
豆腐には、カルシウム・カリウム・マグネシウム・リン・鉄・亜鉛などのミネラルが豊富に含まれています。特にカルシウム・マグネシウム・リンは、骨の形成に重要な栄養素です。
イソフラボンには骨の形成を補助する作用があり、これらのミネラルと一緒に摂取すると丈夫な骨の形成が促進されます。

関連記事:骨粗しょう症の予防にイソフラボン

豆腐は代表的な大豆製品

豆腐は、大豆の絞り汁である豆乳を固めた食べ物で、最も一般的な大豆製品です。豆腐はコレステロールが含まれていない高タンパク食品であり、健康食や美容食として知られています。

豆腐は、日本だけでなく東アジアや東南アジアでも古くから食されており、現在も中国・朝鮮半島・台湾・ベトナム・タイなどで一般的な食品です。

豆腐の食べ過ぎを心配する必要はない

イソフラボンには摂取目安量が設定されていますが、豆腐による過剰摂取を心配する必要はありません。

・大豆イソフラボンの摂取目安量が設定されている
イソフラボンの過剰摂取によって健康被害が起こった事例が報告されています。そのため、食品のリスク管理を行う食品安全委員会は、大豆イソフラボンの安全な摂取目安量の上限値を1日70-75mgと定めています。

関連記事:イソフラボンの1日の摂取目安量はどれくらい?

・大豆からの過剰摂取を心配する必要はない
豆腐1丁には約80mgのイソフラボンが含まれているため、豆腐の過剰摂取に注意する必要があると思う人がいるかもしれません。しかし、基本的にその必要はありません。
摂取目安量は1日あたりの平均値であり、短期間その数値を上回る量を摂取しても問題ありません。

豆腐はアジア諸国で一般的な食品であり、その安全性は長い歴史によって確認されています。通常の食事で豆腐を摂取したことによる健康被害の報告は、アレルギー以外にはありません。

豆腐にはイソフラボンをはじめとした多くの健康成分が含まれており、毎日積極的に摂取したい食品です。
豆腐の調理法は幅広く、味付けや料理方法を工夫すれば毎日飽きずに摂取できます。
健康と美容に役立つ豆腐を、毎日の食事に積極的に取り入れてみることをおすすめします。

Isoflavones Itemsおすすめ一覧(イソフラボン)

  • イチオシ!基本のサプリの公式ページ
  • イソラコン葉酸400μgプラスの公式ページ
  • イソラコンの公式ページ
  • ダイエットシェイクの公式ページ
  • エッセンスドボーテの公式ページ

Pueraria Itemsおすすめ一覧(プエラリア)

  • イチオシ!ハイスピードプエラリア100プラスの公式ページ
  • ベルタプエラリアの公式ページ
  • グラマーEpisodeサプリの公式ページ

Otherその他の記事