プエラリアはイソフラボンを豊富に含む健康食品

イソフラボンを豊富に含む植物に、プエラリアがあります。
プエラリアには大豆の40倍ものイソフラボンが含まれており、高い効果を発揮する健康食品として人気を集めています。
ただし、効果が非常に強いため、摂取量が多いと体調不良の原因になる場合があります。プエラリア配合のサプリメントを摂取する際には、十分な注意が必要です。

プエラリアはイソフラボンを豊富に含む

プエラリアにはイソフラボンが非常に多く含まれており、その含有量は大豆のほぼ40倍に達します。

プエラリアには、大豆イソフラボンであるダイジン・ゲニスチン・ダイゼイン・ゲニステインのほか、クズ属の植物に多いプエラリンなどのイソフラボンが含まれています。
また、より作用の強いミロエストロールやデオキシミロエステロールといったイソフラボンに近い物質も豊富に含まれています。

プエラリアはエストロゲン様作用が強力

イソフラボンの分子構造は女性ホルモンのエストロゲンと非常によく似ており、体内でエストロゲンと似た働きをします。その作用は「エストロゲン様作用」と呼ばれます。

プエラリアにはイソフラボンが大量に含まれているほか、より作用の強いミロエストロールなども含まれています。
プエラリアのエストロゲン様作用は非常に強力で、その強さは大豆イソフラボンの約1,000倍から10,000倍ともいわれています。

プエラリアは非常に高い効果を発揮しますが、逆に効果が強すぎて体調不良の原因になる場合があります。

プエラリアの効果

プエラリアは、強いエストロゲン様作用によって美容と健康に役立ちます。
プエラリアの主な効果には、以下のようなものがあります。

・バストアップ効果
1960年、イギリスの科学雑誌『Nature』にプエラリアのバストアップ効果についての論文が掲載されました。それにより、プエラリアが人々の注目を集めるようになりました。
プエラリアのバストアップ効果は研究でも確認されており、バストアップ目的のサプリメントの多くにプエラリアが配合されています。
大豆イソフラボンにもバストアップ効果がありますが、プエラリアはより強力です。

関連記事:イソフラボンのバストアップ効果

・美肌効果
女性ホルモンのエストロゲンには、コラーゲンとヒアルロン酸の生成を促進する作用があります。コラーゲンには肌に弾力を与える役割があり、ヒアルロン酸は肌に潤いを与えます。
プエラリアには強力なエストロゲン様作用があり、弾力と潤いのある肌の形成に役立ちます。

関連記事:イソフラボンの美肌効果

・更年期障害の症状改善
更年期障害は、閉経前後にエストロゲンの分泌量が急激に減少することで起こります。
プエラリアはエストロゲン様作用によって減少したエストロゲンの作用を補い、更年期障害の症状を改善します。

関連記事:更年期障害の症状改善にイソフラボン

・骨粗しょう症の予防
エストロゲンには、骨を丈夫にする作用もあります。エストロゲンの分泌が減少する更年期以降には、骨密度が低下する骨粗しょう症が起こりやすくなります。
プエラリアは強力なエストロゲン様作用によって骨を丈夫にし、骨粗しょう症の予防・改善に役立ちます。

関連記事:骨粗しょう症の予防にイソフラボン

プエラリアはマメ科の植物

プエラリアは学名を「プエラリア・ミリフィカ」といい、タイ北部やミャンマーなどの亜熱帯地域の落葉樹林に自生するマメ科クズ属の植物です。プエラリアにはいくつかの種類があり、根の白い種類は「ガウクルア」とも呼ばれます。
プエラリアの根は球根のような円形で、イソフラボンが豊富に含まれています。プエラリアの根は、現地で若返り効果のある民間薬として利用されており、日本ではサプリメントや化粧品に利用されています。

摂取の際には十分な注意が必要

美容と健康に役立つプエラリアですが、強力なエストロゲン様作用があるため、摂取量が多いとホルモンバランスの乱れを引き起こす場合があります。
プエラリアを摂取する際には、過剰摂取にならないよう十分な注意が必要です。

・健康被害の事例報告が多数ある
プエラリアの摂取によって健康被害が起こった事例が、国民生活センターなどに多数報告されています。
プエラリアによる健康被害の症状には、腹痛・嘔吐・下痢などの消化器障害や、発疹・じんましんなどの皮膚障害、月経不順・不正出血などがあります。

・摂取目安量を守ることが重要
プエラリア配合のサプリメントを摂取する際には、製品に記載されている摂取目安量をしっかりと守ることが大切です。より高い効果を得ようとして過剰摂取してしまうと、逆に健康悪化の原因になります。
プエラリアの摂取によって体調不良の症状が起こった場合は、すぐに摂取を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

また、プエラリアとイソフラボンのサプリメントの併用は過剰摂取の危険があるため、避けてください。

詳しくはこちら>>プエラリアとイソフラボンサプリの併用は避ける

プエラリアには高い効果がありますが、摂取量を守って安全に使用することが大切です。

Isoflavones Itemsおすすめ一覧(イソフラボン)

  • イチオシ!基本のサプリの公式ページ
  • イソラコン葉酸400μgプラスの公式ページ
  • イソラコンの公式ページ
  • ダイエットシェイクの公式ページ
  • エッセンスドボーテの公式ページ

Pueraria Itemsおすすめ一覧(プエラリア)

  • イチオシ!ハイスピードプエラリア100プラスの公式ページ
  • ベルタプエラリアの公式ページ
  • グラマーEpisodeサプリの公式ページ

Otherその他の記事