エストロゲンに似た働き

肌からも浸透するの?
過剰摂取はどうなる?
ヒゲを抑制できるの?
髪が生えるようになる?
バストアップできる?
イソフラボンは太るの?
男性を女性化させる?

イソフラボンでヒゲを抑制できるの?

イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンという成分に似た働きがあるのが特徴です。
女性ホルモンは、女性らしい体作りのためには、とても必要な要素になります。
それだけでなく、骨の中のカルシウムを溶け出すのを防ぎ、骨粗鬆症予防にもつながります。

また女性ホルモンが減少し、バランスが崩れることで起きてしまう更年期障害にも効果的です。
ほてりや不眠、耳鳴り、しびれや頻尿などの症状が緩和していきます。
また美容効果も高く、美白効果や保湿効果があることが判明し、化粧水などの基礎化粧品に多く使用されるようになりました。
なのでイソフラボンと言えば、女性が多く摂取するといいという成分だと思われがちです。

しかし、最近では男性にもイソフラボンの成分が注目されるきっかけになった商品があります。
それは、ひげが生えてくるのを抑制する働きがあるという働きがあることが分かったからです。
その他のイソフラボンが男性に与える効果はこちらをご覧ください。

男性の中ではひげが生えるのが早く、朝しっかりお手入れして剃ってきても、夕方にはひげが伸びてしまうと悩んでいる人もいます。
またひげが濃くて、青ひげなどでも悩んでいる人もいます。
そんな人にとっては、イソフラボンはとても効果的に働いてくれます。

それはイソフラボンに含まれる、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあるからです。
ひげが濃い人などは、男性ホルモンの分泌が活発なので、濃いひげが生えたり、ひげが生えるのがはやかったりします。
女性ホルモンをとることで、男性ホルモンが多くなりがちになるのを抑え、体のホルモンバランスを中和させてくれます。
なのでひげが生えにくくなってきます。

イソフラボン入りの抑毛剤やひげの脱毛剤にもイソフラボンは使用されています。
またイソフラボンが配合された化粧水を使用することで、ひげが生えにくくなったという声も多いです。
化粧水と一緒にイソフラボン配合の洗顔料も使っても良いかもしれません。
ひげでお悩みの男性には、一度イソフラボンを積極的に摂取してみてはいかがでしょうか。
イソフラボンは大豆食品に多く含まれていて、大豆というのは体に良いので積極的に摂ってほしいものですね。