グリコシド型イソフラボンとは?

イソフラボンは、「グリコシド型」と「アグリコン型」の2種類に大きく分けられます。
グリコシド型はアグリコン型に糖が付属したもので、大豆製品に含まれるイソフラボンの多くはグリコシド型です。

グリコシド型イソフラボンは糖が付属した状態

糖とほかの物質との化合物を配糖体といい、配糖体はグリコシドとも呼ばれます。配糖体を構成する糖以外の部分は、アグリコンと呼ばれます。
イソフラボンは、糖が付属している「グリコシド型」と、グリコシド型から糖が外れた「アグリコン型」の2種類に大きく分けられます。

・グリコシド型は糖の分だけ重い
グリコシド型イソフラボンは、糖が付属している分だけアグリコン型よりも分子量が大きく、重量があります。
グリコシド型イソフラボン1mgは、アグリコン型イソフラボン0.625mgに相当します。逆にアグリコン型の数値を1.6倍するとグリコシド型の数値になります。

・グリコシド型はそのままでは体内に吸収されない
大豆製品に含まれるイソフラボンの多くはグリコシド型です。
グリコシド型は分子量が大きいため、そのままでは体内に吸収されません。グリコシド型イソフラボンは、腸内細菌の働きによって糖が分解され、アグリコン型になることで体内に吸収されるようになります。

グリコシド型イソフラボンの種類

グリコシド型イソフラボンには、「ダイジン」「ゲニスチン」「グリシチン」の3種類があります。それらから糖が外れたアグリコン型イソフラボンは、「ダイゼイン」「ゲニステイン」「グリシテイン」と呼ばれます。

グリコシド型イソフラボン アグリコン型イソフラボン
ダイジン ダイゼイン
ゲニスチン ゲニステイン
グリシチン グリシテイン

なお、グリコシド型イソフラボンには、通常の配糖体だけでなく、付属している糖の状態によって「アセチル化配糖体」や「マロニル化配糖体」といった種類もあります。細かく分類するとグリコシド型イソフラボンには9つの種類があり、アグリコン型とあわせると12種類のイソフラボンの存在が確認されています。

グリコシド型は吸収率が低め

グリコシド型イソフラボンは、腸内細菌によって糖が分解された後でないと体内に吸収されません。そのため、吸収率が低めです。

・グリコシド型イソフラボンは吸収効率が悪い
一般的に、摂取したグリコシド型イソフラボンの吸収率は2割程度といわれています。残念ながら、残りの8割は体外に排出されてしまいます。
吸収にも時間がかかり、摂取してから6-8時間程度で吸収のピークを迎えます。

・アグリコン型は速やかに吸収される
それに対してアグリコン型イソフラボンは、糖が付属していないため胃や腸から速やかに吸収されます。
アグリコン型の吸収率はグリコシド型の約3倍といわれており、摂取してから2時間程度で多くが吸収されます。

大豆製品には主にグリコシド型イソフラボンが含まれている

イソフラボンはマメ科の植物に含まれているポリフェノールで、大豆製品に多く含まれています。
大豆製品に含まれているイソフラボンの多くはグリコシド型です。豆腐や豆乳、納豆などに含まれているアグリコン型イソフラボンの比率は5%程度で、残りの95%はグリコシド型です。

なお、発酵させた味噌や醤油は発酵の過程で糖が分解されており、アグリコン型イソフラボンの比率が6割以上と高めです。
味噌や醤油からは効率的にイソフラボンを吸収できますが、塩分が多いため、イソフラボン目的でそれらを多く摂取するのは現実的ではありません。

納豆も発酵食品ですが、納豆菌による発酵では糖を完全に分解できないため、アグリコン型の含有量は少なめです。

大豆イソフラボンの摂取目安量はアグリコン型の数値

食品安全委員会は、大豆イソフラボンの安全な摂取目安量の上限を1日あたり70-75mgとしています。これはアグリコン型に換算した場合の数値であり、グリコシド型に換算すると112-120mgです。

また、通常の食事に上乗せして、特定保健用食品やサプリなどでイソフラボンを摂取する場合の摂取量の上限値は1日あたり30mgとされています。これはグリコシド型に換算すると48mgです。

腸内環境を整えてグリコシド型イソフラボンの吸収率を高める

グリコシド型イソフラボンは、腸内細菌によって代謝されることで体内に吸収されます。グリコシド型の吸収率を高めるためには、腸内環境を整えて腸内細菌の働きを活発にすることが大切です。

大豆製品にはイソフラボンだけでなく食物繊維も豊富に含まれており、腸内環境を改善する効果もあります。大豆製品は、イソフラボンの摂取に理想的な健康食品です。

Isoflavones Itemsおすすめ一覧(イソフラボン)

  • イチオシ!基本のサプリの公式ページ
  • イソラコン葉酸400μgプラスの公式ページ
  • イソラコンの公式ページ
  • ダイエットシェイクの公式ページ
  • エッセンスドボーテの公式ページ

Pueraria Itemsおすすめ一覧(プエラリア)

  • イチオシ!ハイスピードプエラリア100プラスの公式ページ
  • ベルタプエラリアの公式ページ
  • グラマーEpisodeサプリの公式ページ

Otherその他の記事