エストロゲンに似た働き

肌からも浸透するの?
過剰摂取はどうなる?
ヒゲを抑制できるの?
髪が生えるようになる?
バストアップできる?
イソフラボンは太るの?
男性を女性化させる?

イソフラボンの過剰摂取はどうなる?

例えば、イソフラボンには骨粗鬆症、がん、動脈硬化にも効果的です。
これらは男女ともに、起きやすい病気になります。
生活習慣の乱れや食生活の乱れによって、これらの病気はこれからも起きやすくなってきます。
なのでイソフラボンは、積極的に取り入れていきたい成分です。

また女性にとって派、更年期障害や美容にもとても効果的です。
更年期障害による、ほてりやだるさ、不眠など様々な症状に効果的です。
特に美容面においても注目され、美白効果や保湿効果があるので多くの基礎化粧品に配合されています。

これだけの効果があると、一日にたくさん摂取しようと心掛ける人が多いのではないでしょうか。
その時に大事なのが一日に必要な摂取量が、どのぐらいなのかということです。
イソフラボンの一日に必要な摂取量で考えると、一日40㎎~50㎎が理想と言われています。
食べ物に置き換えると、豆腐半丁か納豆1パック程度と言われています。
なので食生活でも無理なく、取り入れられることができます。

しかし、体にいいものであればつい摂取しすぎてしまいがちになります。
イソフラボンを過剰摂取しすぎてしまうと、体に悪影響を与える場合があります。
それは、イソフラボンには女性ホルモンに似た働きがあることが影響しています。

イソフラボンの過剰摂取は、血中のホルモンバランスを崩してしまい、月経の周期が延長するなどの影響があります。
閉経前の女性にとっては、子宮筋腫や子宮内膜症の発症を高めてしまいます。
特に乳幼児や妊婦さんには過剰摂取しないようにと推奨しています。

何事もですが、過剰に摂取するのではなく、必要摂取量をしっかりとることを心がけていきましょう。
そうすることで、体に一番効果的に作用してくれるようになります。
イソフラボンが男性女性にもたらしてくれる効果はこちら。