ハードカプセルタイプのイソフラボンサプリの特徴

イソフラボンサプリの形状にはいくつかの種類があり、医薬品のようなハードカプセルに入った製品も販売されています。ハードカプセルは手軽に摂取でき、添加物の含有量が少ないという特長があります。

ハードカプセルタイプのイソフラボンサプリが販売されている

ハードカプセルは、医薬品によく利用されている形状のカプセルです。円筒形のボディとキャップでできており、中に粉末状や顆粒状の成分を詰めて飲みやすくしたものです。
ハードカプセルはサプリメントにもよく利用されており、粉末状の大豆エキスを詰めたイソフラボンサプリが販売されています。

なお、カプセルにはハードカプセルとソフトカプセルの2種類があります。
ソフトカプセルは、ゼラチンなどの皮で成分を包み、円形や楕円形に成形したものです。

ハードカプセルのイソフラボンサプリのメリット

ハードカプセルのイソフラボンサプリには、さまざまなメリットがあります。

・味が気にならない
ハードカプセルは気密性が高く、味や臭いを気にすることなく摂取できます。
イソフラボンは大豆の苦味・えぐみ成分であり、美味しいものではありません。ハードカプセルタイプであれば、水で飲み込むだけなので味を気にすることなく摂取できます。

・添加物が少ない
ハードカプセルには、添加物が少ないというメリットがあります。
ソフトカプセルには、カプセルの形状を維持するために油脂などの添加物が多く配合されています。ハードカプセルにはそうした添加物は含まれていません。
錠剤タイプの場合も、形状を維持するために添加物が加えられており、特に周囲をコーティングしてあるタイプの錠剤は添加物が多めです。

ハードカプセルはカプセルを一緒に飲み込むことになりますが、カプセルの厚さはわずか約0.1mmです。また、カプセルの原料は身体に悪影響のないゼラチンが一般的であり、植物性の繊維やデンプンなどを使用したカプセルもあります。

・内容物が劣化しにくい
ハードカプセルは気密性が高く、内容物が劣化しにくいのが特長です。
また、カプセルに内容物を詰めるだけなので、圧力や熱を加える必要がありません。そのため、製造過程でも品質の劣化が起こりにくく、内容物の品質が安定しています。

・持ち運びが簡単
ハードカプセルは持ち運びや保存が簡単です。水さえあればどこでも気軽に摂取できるため、摂取を続けやすいという特長があります。
イソフラボンは長期間摂取を続けることが重要であり、手軽に飲めるのは大きなメリットです。

・体内で素早く溶ける
ハードカプセルはとても薄く、体内で素早く溶けるため、錠剤に比べてイソフラボンが素早く体内に放出されます。
イソフラボンには、腸で代謝されてから吸収されるグリコシド型と、胃でも吸収されるアグリコン型の2種類があります。グリコシド型の場合は影響が少ないですが、アグリコン型イソフラボンが配合されている場合は、ハードカプセルの製品を選べば吸収率の向上が期待できます。

グリコシド型イソフラボンについて詳しくはこちら>>

アグリコン型イソフラボンについて詳しくはこちら>>

ハードカプセルのデメリット

多くのメリットがある一方で、ハードカプセルにはデメリットもあります。

・比重が軽く飲みにくい
ハードカプセルはソフトカプセルや錠剤に比べて比重が軽く、やや飲み込みにくいというデメリットがあります。
ハードカプセルを飲むのが苦手な人は、高齢者を中心として数多くいます。そうした人は別の形状の製品を選ぶか、食品からのイソフラボン摂取を検討する必要があります。

・過度な湿気や乾燥に弱い
ハードカプセルは、過度に乾燥するとカプセルがもろくなります。また、逆に湿気が多すぎてもカプセルが変形してしまい、内容物が漏れる場合があります。
ハードカプセルを利用する場合は、過度な湿気や乾燥に注意する必要があります。

・圧力に弱い
ハードカプセルはとても薄く、強い力を加えると変形や破損の恐れがあります。

イソフラボンサプリを選ぶ際には、以上のようなハードカプセルのメリットとデメリットを考慮して、自分にあった製品を選ぶことが大切です。

イソフラボンサプリは続けやすいタイプを選ぶ

イソフラボンには多くの健康効果と美容効果があり、その効果は身体の調子を整えながらゆっくりと作用します。イソフラボンの効果を十分に得るためには、長期間摂取を継続することが大切です。

イソフラボンサプリは、錠剤・粉末・ソフトカプセル・ハードカプセルなどの形態で販売されており、それぞれに異なる特徴があります。イソフラボンサプリを利用する際には、個人の好みにあわせてなるべく続けやすいタイプの製品を選ぶことが重要です。

ハードカプセルには添加物が少なく品質が劣化しにくいという特長があり、持ち運びも簡単でどこでも気軽に摂取できます。そうした点に魅力を感じる場合は、ハードカプセルのイソフラボンサプリを選ぶことをおすすめします。

関連記事:錠剤のイソフラボンサプリは飲みやすい
    :粉末タイプのイソフラボンサプリ
    :ソフトカプセルタイプのイソフラボンサプリの特徴

Isoflavones Itemsおすすめ一覧(イソフラボン)

  • イチオシ!基本のサプリの公式ページ
  • イソラコン葉酸400μgプラスの公式ページ
  • イソラコンの公式ページ
  • ダイエットシェイクの公式ページ
  • エッセンスドボーテの公式ページ

Pueraria Itemsおすすめ一覧(プエラリア)

  • イチオシ!ハイスピードプエラリア100プラスの公式ページ
  • ベルタプエラリアの公式ページ
  • グラマーEpisodeサプリの公式ページ

Otherその他の記事