イソフラボンとビタミンDの併用効果

イソフラボンと一緒に摂取したい栄養素に、ビタミンDがあります。
イソフラボンとビタミンDは骨の形成に深く関係しており、両者を併用すると骨が丈夫になります。また、相乗効果によって、糖尿病の予防効果やダイエット効果などの身体の健康に役立つさまざまな効果が高まります。
そうした効果を生かすために、両者を一緒に配合したサプリメントも販売されています。

ビタミンDは骨の形成に重要なビタミン

ビタミンDは脂溶性のビタミンで、骨の主成分であるカルシウムやリンの体内への吸収率を高める効果があります。また、血糖値を抑制する効果や免疫力を高める効果があることも確認されています。

ビタミンDは、紫外線を浴びることによって体内で生成されるため、「太陽のビタミン」とも呼ばれています。
普段あまり日光を浴びない人は、ビタミンDの不足に注意する必要があります。また、ビタミンDを産生する身体の機能は加齢によって衰えるため、高齢者は意識してビタミンDを摂取することが大切です。

ビタミンDは、イワシ・カツオ・サケなどの魚介類や、卵黄・乳製品・キノコ類などに含まれています。また、ビタミンDを配合したサプリメントも販売されています。

イソフラボンとビタミンDの併用効果

イソフラボンとビタミンDを一緒に摂取すると、相乗効果でさまざまな健康効果が高まります。

骨が丈夫になる

ビタミンDには骨の材料であるカルシウムやリンの吸収を促進する作用があり、丈夫な骨の形成を促進します。
イソフラボンには、骨を丈夫にする女性ホルモンのエストロゲンの働きを補助する作用や、骨の形成を阻害する活性酸素を中和する作用があります。
両者を併用すると、丈夫な骨の形成が強く促進されます。

更年期以降の女性は、ビタミンDの生成能力やエストロゲンの分泌量が低下するため、骨がもろくなる骨粗しょう症が発症しやすくなります。
イソフラボンとビタミンDの摂取は、更年期以降の女性に起こりやすい骨粗しょう症の予防にとても効果的です。

骨粗しょう症を予防するイソフラボンの効果について詳しくはこちら>>

糖尿病予防

糖尿病には、血糖値を抑制するホルモンであるインスリンが深く関係しています。
ビタミンDにはインスリンの分泌を促進する作用があり、糖尿病の予防に役立ちます。また、ビタミンDとカルシウムの摂取量が多いと糖尿病の発症リスクが低下することが、研究で明らかになっています。

イソフラボンにはインスリンの効き目を高める効果があり、ビタミンDと併用すると糖尿病の予防効果がより一層高まります。

糖尿病予防に役立つイソフラボンの効果について詳しくはこちら>>

免疫力の向上

ビタミンDには免疫力を高める効果があり、インフルエンザの発症率を低下させることが研究で確認されています。
イソフラボンにも免疫力を高める効果があり、両者を併用すると細菌やウイルスに対する身体の抵抗力が向上します。

免疫力を高めるイソフラボンの効果について詳しくはこちら>>

ダイエット効果

ビタミンDは、ダイエットにも役立ちます。肥満者154名に対してビタミンDとカルシウムを16週間摂取させたところ、内臓脂肪の面積が減少したという研究報告があります。
イソフラボンにも脂肪の燃焼を促進する作用があり、両者を併用すると高いダイエット効果が期待できます。

イソフラボンのダイエット効果について詳しくはこちら>>

妊娠を補助する効果

ビタミンDに妊娠率を高める効果があるとする研究報告があります。
ビタミンD濃度が高いほど体外受精の成績が良好であることや、ビタミンDが不足していると妊娠率が低い傾向があることが、研究で報告されています。

イソフラボンにはホルモンバランスを整える効果があるほか、受精卵の着床を補助する作用があることが実験で確認されています。
イソフラボンとビタミンDを一緒に摂取すると、妊娠率の向上が期待できます。

不妊の改善に役立つイソフラボンの効果について詳しくはこちら>>

サプリメントによる過剰摂取に注意

以上のように、イソフラボンとビタミンDを摂取すると、骨を丈夫にする効果をはじめとしたさまざまな効果が高まります。
ただし、サプリメントから摂取する場合は、過剰摂取しないよう注意することが大切です。

・過剰摂取は健康に悪影響を及ぼす
ビタミンDは脂溶性のビタミンであり、体外に排出されにくい性質があります。ビタミンDが過剰になると、腎機能障害・食欲不振・血管障害などの原因になります。
また、イソフラボンを過剰摂取すると、ホルモンバランスの乱れによる身体への悪影響が発生する場合があります。

・サプリの摂取目安量を守ることが大切
通常の食事では、イソフラボンとビタミンDを過剰摂取する恐れはほぼありません。
しかし、サプリメントは成分が濃縮されており、過剰摂取の危険があります。
サプリメントを利用する際は、製品に表示されている摂取目安量をしっかりと守ることが大切です。

Isoflavones Itemsおすすめ一覧(イソフラボン)

  • イチオシ!基本のサプリの公式ページ
  • イソラコン葉酸400μgプラスの公式ページ
  • イソラコンの公式ページ
  • ダイエットシェイクの公式ページ
  • エッセンスドボーテの公式ページ

Pueraria Itemsおすすめ一覧(プエラリア)

  • イチオシ!ハイスピードプエラリア100プラスの公式ページ
  • ベルタプエラリアの公式ページ
  • グラマーEpisodeサプリの公式ページ

Otherその他の記事