エストロゲンに似た働き

肌からも浸透するの?
過剰摂取はどうなる?
ヒゲを抑制できるの?
髪が生えるようになる?
バストアップできる?
イソフラボンは太るの?
男性を女性化させる?

イソフラボンは肌からも浸透するの?

イソフラボンと言えば、一番最初に思い浮かぶのが大豆ではないでしょうか?
なのでイソフラボンは食品からとるのが効果的と感じている人が多いのではないでしょうか。
その他にイソフラボンは化粧品やサプリメントに含まれているケースが多いです。

実際イソフラボンには、女性ホルモンにのエストロゲンという成分に似た働きがあります。
この働きにより、美白効果、保湿効果が高まり、お肌にとてもいいと注目されています。

特に女性ホルモンは、年齢とともに減少していってしまいます。
また若い女性の中には、過激なダイエットなどで栄養バランスが崩れて、女性モルモンも乱れてしまう人が増えてきています。
なのでイソフラボンは、女性であれば積極的に取り入れていきたいものです。
イソフラボンにより、より女性らしい体へと変わっていきます。

ドラックストアーなどの化粧水コーナーを見ると、イソフラボンが配合されている製品がとても増えてきています。
イソフラボンの認知度も高くなったので、商品名にして販売しているメーカーもあります。

化粧水に含まれるイソフラボンは、よりお肌に吸収されやすいように、肌用として開発されています。
なぜならイソフラボンは、口の中からたべものとして取り入れると吸収しやすいと言われているためです。
なのでお肌など直接外部から取り入れた場合、効果があまりないのでは?と思う人もいます。

しかし化粧水などは、お肌用のイソフラボンを開発されて使用しています。
なのでしっかりと肌の奥にまで浸透しやすいようにつくられています。
イソフラボンの成分をナノカプセル化させてお肌に浸透しやすいようになっている商品がほとんどです。
なので化粧水などを使用することで、肌からもイソフラボンは浸透しやすくなっています。
イソフラボンの効果一覧と副作用についてはこちらをご覧ください。